メンテナンス不要の「自毛植毛」

「自毛植毛」は自分の毛根を移植することで薄毛だった部分の髪をよみがえらせることができます。また植毛は面倒なメンテナンスなども必要ないので、とても便利です。これから植毛について説明していきますので参考になさってください。

新宿の病院で植毛を受ける際は体験記を参考に

薄毛になってしまうと自信をなくしてしまったり、周りの目が気になるなどして精神的にも良くありません。毛をはやすための方法は色々あって、育毛剤などを利用してもダメなときはウィッグを利用する人も多いですが、不自然さが残ることで使うことをためらう人も多くいました。

植毛が行われるようになった当初は人工的に作られた毛を用いていたため、やはり違和感が残ったほか、体質に合わない人もいましたが現在ではより技術が発達し、自毛を植毛できるようになっています。新宿でも薄毛治療を行っている病院があり、後頭部から植え付けるための毛を毛根のある組織ごと取り、薄くなっているところに株分けし自然な仕上がりになるように植え付けしていきます。治療の過程が写真などで公開されていますが、実際どんな感じなのか知りたいときには体験記を見るべきです。

体験記では、手術する際の注射の痛さや植毛が行われているときには痛さを感じずに済むことや、手術時間の長さなど実際に受けた人しかわからない内容が書かれている他、退院してからの周りのリアルな反応なども体験記で知ることができるため、手術を受けようと考えている人は参考にすることができます。

新宿は通院に便利で、検査や術後の経過観察なども気軽に通える位置に病院が点在しています。新宿の病院を選ぶときには、それぞれの植毛手術の特徴を比較して合って良い病院を選ぶべきです。価格で選んだり、より太くて濃い毛を選んで植毛することをコンセプトにしている病院を選ぶ、あるいは対応が親切など自分で条件をいくつか出して、あてはまる病院にすれば後悔せずに通えます。

術後2日から3日程度鈍痛やかゆみがあったり、注射痕が残ったりしますから働いている人は有休を申請したり、連休の前に手術を行って休めるようにした方が良いです。