メンテナンス不要の「自毛植毛」

「自毛植毛」は自分の毛根を移植することで薄毛だった部分の髪をよみがえらせることができます。また植毛は面倒なメンテナンスなども必要ないので、とても便利です。これから植毛について説明していきますので参考になさってください。

抜け毛等でお悩みなら飲む男性ホルモンと植毛

現代人の食生活は、ジャンクフードやインスタント食品の蔓延によって、栄養素が偏っています。
脱毛や薄毛はこの乱れた食生活も関係していると考えられ、飲む育毛剤としてプロペシアが効果的だと言われています。
元々前立腺ガンが前立腺肥大の治療薬として存在していた薬でしたが、副作用として体毛が濃くなるという症状がでたため、飲む育毛剤として開発がすすみました。
男性ホルモンのテストステロンが、ジヒドロテストステロンという男性ホルモンの影響を受けることで起こる男性型脱毛症は、遺伝や生活環境などの影響を受けて起こると考えられています。
このジヒドロテストステロンの作用を抑える効果がプロペシアにはあり、多くの実績を持っています。
そのため飲む育毛剤といえばプロペシアと言われ、頭頂部だけでなく前髪部分などにも効果があり、現在は皮膚科などで処方されています。

男性ホルモンの影響で起こる男性型脱毛症には、自毛植毛が効果的です。
自毛植毛は、頭皮に髪の毛を受け付けていく外科手術です。自分の毛を利用して行う自毛植毛は、通常後頭部から自分の毛を採取して、薄くなっている部分に植え付けていきます。かつらや他の増毛、育毛法に比べると手術費用は高額になりますが、その後のメンテナンスが不要なので、ランニングコストもなく定着率も高いので、自然なボリュームを得ることができる方法です。
コスト以外のデメリットとして、自毛植毛で移植した後は、しばらくの間一時的にけが抜けてしまうというい点が挙げられます。
ただデメリットはあるものの、適切な施設で適切な施術を受ければ、確実に薄毛を治療することができる方法なので、おすすめです。薄毛、抜け毛でお悩みの方は、検討してみてはいかがでしょうか。