メンテナンス不要の「自毛植毛」

「自毛植毛」は自分の毛根を移植することで薄毛だった部分の髪をよみがえらせることができます。また植毛は面倒なメンテナンスなども必要ないので、とても便利です。これから植毛について説明していきますので参考になさってください。

フィンペシアと植毛の気になる平均相場

薄毛となってしまう原因は様々ですが、男性の場合AGA「男性型脱毛症」により、髪が薄くなっているケースも少なくありません。
AGAはジヒドロテストステロンという、男性ホルモンの作用によって、ヘアサイクルの周期が乱れる事で起こる脱毛症です。

通常、髪の成長期は約2年から6年程続きますが、AGAとなってしまうと約半年から1年程度で、髪が抜けてしまうのです。
このように、成長期にある髪もすぐに抜けてしまう事から、AGAになってしまうと、細くハリの無い髪ばかりが生えるようになり、薄毛が目立ってしまいます。
生え際や頭頂部といった部分のみ、薄毛となる点がAGAの特徴ですので、この部分の髪が薄くなったと感じる男性は、早めに対策を行いましょう。

AGAの治療として、一般的なのがフィンペシアという、内服薬の処方です。
フィンペシアはジヒドロテストステロンの生成を、抑制する働きがあります。
半年程服用を続ける事で、徐々にフィンペシアの発毛効果を実感できるようになるでしょう。

この他に薄毛治療として、植毛も行われています。
以前は人工毛を移植する植毛も行われてきましたが、定着率やアレルギー反応などを考慮し、最近は自分の毛根を植毛するケースがほとんどです。
後頭部や側頭部といった部分の毛根を取り出し、薄毛が気になる部分に移植します。
自分の毛根が移動している為、今までと同じように髪は伸びたり生えたりを繰り返しますし、白髪にもなります。
自然な仕上がりとなる点が、植毛のメリットです。

ただ、どちらの治療法も健康保険が適用されないので、相場が気になるという方が多いでしょう。
フィンペシアの場合、1ヶ月の相場が約7500円から1万円と言われています。
植毛は移植する毛根の数などによって変わりますが、約150万円から200万円程が相場です。